日本とアメリカの本当の関係を講談社がHPで漫画つきで解説してくれている太っ腹な本について

本当に本当に久々のブログです。

 

今回は、最近ネットで北朝鮮問題をググっていたら遭遇してしまった本についてです!

 

講談社のHPに、この本の内容を広く拡散するために描かれた1章〜9章の四コマ漫画があります。
(これを読むだけで本の内容がわかるので、講談社さんは太っ腹だ!と著者が書いています)

 

 

8月に出版されたばかりですが、かなり読まれているようで、ご存知の方も多いと思いますが、

「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」
矢部宏治著 講談社現代新書 です。

 

(矢部さんは、大ベストセラーとなった「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」の著者だそうです)

 

最近ではメディアなどでも、日本がアメリカにコントロールされているという話が時々出ますが、この本はもっと衝撃的で、知らない方が幸せだった〜という方もいらっしゃるかもしれません。

 

実を言うと、私自身もまだ本を読んでいなくて、この漫画を読んだだけで驚いているのですが、広く真実を伝えて欲しいという著者のメッセージがあったので、本のご紹介をさせていただきます。

・「知ってはいけない 隠された日本支配の構造 講談社現代新書」の概要
「知ってはいけない〜」の内容をまとめた4コマ漫画(1〜9章)

 

衆院選で憲法改正を目指す党が多くの議席を占めると、9条の改正が行われ、日本は戦争の出来る国になります。

 

自分の国は自分達で守らねば!と言う意見も最近よく耳にしますが、この本によると、どうやらアメリカのために戦争に行く羽目になりかねません。

 

自衛隊が朝鮮戦争時にアメリカによって創設され、目的がそもそもそういうものだったと書かれているのですが….

 

アメリカと北朝鮮が睨み合っているまさにこの時期、日本が憲法を改正すると、日本が両国の戦争に自らの意思で参戦します!と、北朝鮮や世界にメッセージを発信してしまうような気もします。

 

「日米合同委員会という米軍(米政府ではなく)と日本の高級官僚による会議によって色々なことが決められている」と本にありますが、安倍首相以前の歴代首相がコロコロ変わっていったのも納得してしまいます!

 

短命政権だった鳩山元首相と著者との対談記事(ググってみて下さい)にも、この事実を世界中に訴えなければとありますが、まず日本人自身が知っておくべきことですね。

ググってみたら、こんな記事を発見…(これはちょっと怖いです)
・沖縄の米軍基地だけでなく

更にこういう平和な?見方も… (楽しそうですね!)

日本の中で海外の雰囲気

次はこの本の著者が書いた記事です!

・誰が首相になっても、総選挙後に必ず起こる「2つの重大な出来事」