チームジャパンの大きな決断〜サッカーW杯! 

今回は、色々なご意見があるでしょうが、サッカーW杯決勝Tをかけた対ポーランド戦について少し書かせて下さい。

 

残り10分のパス回しが、海外でも予想以上の批判と侮辱の嵐で、主要紙でも論争になっているようです。

 

887308感じるのは、攻撃を中止し他チームに決勝T進出を委ねるという本意ではない選択を、決然と行った監督と、ついて行った選手たち、チーム全体のまとまりです。

 

当日の35度を超える気温や、選手のコンディション、決勝Tの対戦カード、同グループ別試合の選手コンディションなどなど、私たちには計り知れない事情を秤にかけた上での大きな決断だったと思います。

 

過去には日本代表チームの「マイアミの奇跡」「ドーハの悲劇」もあり、日本だから、西野監督だからこその決断でもあったでしょう。

 

事情を100%は知らない人たちの批判 (知らないのが普通で、それにしては外野からの批判、炎上が多い世の中ですが)に心を折られることなく、今朝もポジティブな表情が監督、選手に見られました。

 

試合後の監督や選手のコメントでは、ファンへの配慮も感じられました。


もちろん、サッカー、スポーツ、W杯とはどうあるべきか?という思いは、人、立場によって違います。

 

また、殆どの日本代表メンバーが海外のチームに所属しています。

 

「日本にがっかりした」という論調の海外のコメントが多い中、W杯後にチームに戻る選手たち、海外在住の多くの日本人の複雑な気持ちも考えてしまいます。

 

残念ながら、決勝Tで対戦するベルギーはかなりの強敵のようで、それをはね返すには、予選の2試合以上に、攻撃的で魂の入った試合運びが必要でしょう。

423265

しかし、ここで日本チームをめぐる世界的な大論争、バッシングは、選手たちに新しいモチベーションを与えるかも知れません!?

 

勝つのは難しい相手。でも世の中に絶対的な不可能はない。ここで、ベルギーを倒すことで、ポーランド戦後の多くのコメントが的外れなことを証明したい選手は多いと思います。

 

西野監督はここまで考えての決断だったのか??と思います??

 

とにかく、日本人の多くが、これまで以上に決勝Tでベルギー戦に勝って欲しいと思っていることは間違いないでしょう。

 

勝負は時の運、全力を尽くして悔いのない試合をして欲しいです!

 

付け加えると、3戦目でもGK川島を使ってくれて良かったな〜と。ポーランド戦前の、監督と二人で臨んだ会見の時から表情が変わってきていました。

 

西野監督がチームづくりで大事にしているものを見たような気がします。