Category Archives: 健康

世界的眼科医の警告:白内障手術の眼内レンズ選択、日本の病院では?

久々のブログです! ちょっと固めの内容ですが、ご年配の方だけでなく、PC、スマホなどを手放せない世代の方々にも読んで頂けたらと思います。

 

「眼」は世の中の楽しみにはかかせない大切な器官のひとつで、子どもの頃はよく親から「眼は大事にしなさい!」と言われたものです。

 

 

その眼の病気の中でも「白内障」は高齢者に多い病気ですが、PCやスマホの影響のせいか、年々発症年齢が下がっているようです。

 

 

(50才代37~54%、60才代66~83%、70才代84~97%、80才以上ほとんど100%だそうです。但しとても個人差があるようです)

 

昨日もメガネ店で、30代の患者さんもいるというお話を聞き驚きました!

 

白内障になると眼の水晶体が濁って、次第に視界が白っぽくなり、そのために視力が低下します。(両目で物を見るため、片目の視力が落ちたことに気づかない場合もあります)

 

手術で水晶体を取り除き、代わりに人工的な「眼内レンズ」をいれます。

 

その「眼内レンズ」について気になる記事を見つけたので抜粋させて頂きます。

 

以下要約です!

 

昨年末に 光文社新書「視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ」が出版されました。

 

(発売から1ヶ月で3刷りと売れ行き絶好調なので、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれません)

 

海外の学会で最高賞を20回受賞し、アメリカ白内障屈折矯正手術学会の理事もつとめられた日本人の世界的眼科医(深作秀春氏)が書かれた本です。

 

その本の中では触れられなかった「眼内レンズ」が重要だというお話を、著者が某有名女性誌に寄せた言葉です。

 

「アクリルレンズ」という、従来の固いプラスチック製と違う、柔らかくて医師と患者の双方に負担の少ない「眼内レンズ」が手術に使用され始めてからのことです。

 

著者がアメリカの白内障関連学会の理事をしていた頃、その画期的なアクリルレンズの先発メーカーの製品に問題が頻発しました。

 

製造方法に問題があり、型に流してつくるため分子間構造が緩く、手術後レンズが徐々に曇ってきたそうです。(数年でまた白内障になったような濁りが眼内レンズに出たそうです)

 

別の製造方法を採用した後発メーカーの製品では起きなかった問題でした。

 

そのレンズには他にも危険な問題があったため、アメリカ眼科学会の理事会は、問題のレンズを使用しないよう通達し、メーカーにも改善を求めたそうです。

 

ところが、問題はここからなのですが、その先発メーカーはアメリカで製品が売れなくなったため、日本などの国で大学病院を中心に接待攻勢をかけ、日本で6割近い眼内レンズシェアを得たそうです。

 

日本でお墨付きを得たため、アメリカでは「使ってはいけない」レンズが、日本では「進んだレンズ」とされたそうです。

 

問題のそのレンズも今は第3世代で、初期よりは良くなっているものの、製造方法は基本的に変わらないため、レンズが濁ってくるそうです。

 

「眼内レンズには種類があることを知り、自分に使われるレンズは長持ちする良いレンズかどうかを確かめましょう」とあります。

 

先発メーカーの眼内レンズの製法は、柔らかいアクリル素材を型に流し込むようにつくる「モルディング法」

 

後発メーカーの製法は、ある程度は柔らかいけれど分子間結合の強い素材の塊を削り出してつくる「レースカット法」

 

以上まとめでした。

 

日本でのシェアが6割近いとありましたが、現在でもそうなのか、地域ごとでのシェアはどうなのか、気になりますね!(首都圏が中心なのか、熊本を含む地方都市でもそうなのか)

 

また、第3世代の現在のレンズの曇りは、どの程度まで改善されているのか?

 

手術を考えている方々が、「眼内レンズ」について病院で訊ねることで、意識が高まり、良質な「眼内レンズ」のシェアが増えるといいですね!

 

眼内レンズは、手術後数か月は入れ替えられるそうですが、年月が経つと癒着がおこり、簡単には入れ替えられないと聞いたことがあります。

 

やはり、手術前に良いレンズを選びたいものですね!

 

ネット上で見つけた記事↓を短くまとめましたが、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓

「世界的眼科医が警告!白内障手術で眼科選びに注意すべき理由」

 

追記:熊本県外の某有名眼科のHPでは、上記の内容の週刊誌報道を「科学的な根拠はありません。当院では両方の製法のレンズを併用しています」とありました。

 

熊本地震から3週間

熊本を突然襲った地震から早いもので3週間です。


被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

 

余震は減ってきたものの、まだまだ大変な生活を強いられている方が沢山いらっしゃいます。

 

弊社も、水前寺の建物に軽微な損傷を受けましたが、佐土原では地震の翌日から通常通りの営業を続けております!

 

スタッフには被災したものもおり、また、資材の確保などの面で、お客様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 

今回の地震で改めて感じたことも多々あります。

 

県外の友人知人から、たくさんの心のこもったお電話などを頂きましたが、十数年~20年振りにお話出来た方もいました!

 

災害への備えの大切さも改めて感じました。

 

まだ大きな余震の可能性もあります。今からでも大きな家具の固定はしたいものです。

 

ラジオなどでも繰り返し言われているようですが、災害時こそ歯磨きが大切です。

 

歯槽膿漏になると食事にも制約ができ、菌が身体に回ると心臓病や脳梗塞を引き起こすこともあります。

充分な歯ブラシのストックを是非!!

 



今回の地震では、県外の皆さまから、たくさんのご支援を頂きました。

 

ジェルコ(日本住宅リフォーム産業協会)様、九州支部様、鹿児島店会様、TOTOリモデルクラブ鹿児島店会様、ジェルコ副会長山口様、ジェルコ前九州支部長末松様、久留米の江田建設様、ジェルコ九州支部長鈴木様には、それぞれジェルコの熊本加盟店、TOTOリモデルクラブ熊本店会に、物心両面でご支援いただきありがとうございました。

 

ahiru_rose

弊社がお預かりした救援物資は、広安愛児園様、嘉島町役場様、龍田小中学校様、東野中学校様、長嶺小学校様、尾ノ上小学校様にお届けさせて頂きました!!

 

頭を打ったら…!

今朝の事です。打った瞬間、「まずいかも?」と感じたのは初めてでした。
普段屈まない場所で立ち上がると、木の棚が頭上に!

 

火花が散るほどの痛みも、たんこぶ、めまい、吐き気もなく、ただ、じわーとした痛みが気になって、
「頭部打撲」で検索すると、「慢性硬膜下血腫」がヒットしました。

 

『中高年になると、軽い頭部打撲でも起こることがあり、徐々に出血し、血腫ができ、頭痛や吐き気、半身まひや意識障害が起きることも』

 

何と、血腫が増大すると死に至ることもあるそうです!!(数週間~数か月後に症状が出ることも)打撲直後は、CTでも異常がわかりにくいが、症状が現れれば、血腫で脳が圧迫されるので、CTで診断できるそうです。
通常は、局部麻酔で小さな孔から血腫を取り除く手術が行われます。

 

とはいっても、やはり、頭の手術は怖いです!
ある程度の年齢になると、血管を強くする食事、転ばないよう足腰を鍛え、家の中は片付け、メガネは度のあったものをかけましょう!

 

また、若い人たちにも大きな危険があります。
「急性硬膜下血腫」は、スポーツ中に脳震盪などの事故があったにも拘わらず、指導者や本人の意思で運動を継続した場合に起こる事があります。

 

1回目の脳震盪では命の危険はありませんが、2回目以降は大出血の危険があるそうです。

 

間違った精神主義や勉強不足が、取り返しのつかない事態を招きます!
全ての子どもに関わる大人、特に学校の先生にはよく知っておいて頂きたいことです。

詳しくはこちらのサイトで。http://textview.jp/post/health/17703

 

筆者の場合、今のところ大した症状もなく。では、症状が出る可能性もあるとして、今、何をすれば?
ここから先は、話半分でお願いします…。

 

昔から「手当」と言いますよね。

キリスト

 

イエス・キリストが「手」で病人を治したのは有名なお話ですが、お釈迦様にもその力があったようで、
父国王は亡くなる前に、お釈迦様に「手当」をお願いしたそうです。

 

ネットで、その類の話を検索すると、怪しげなサイトが出てくるかと思ったら…。

 

何十年もご自身が病気で苦労された西洋医学のお医者様は、東洋医学にも詳しく、
どんな人でも手から「気」が出ているので、10~30分患部などに手を当てると気持ちが良くなるそうです。

 

イエス様でなくとも、程度の差はあっても皆持っている力なのでしょうか!?
「気功」は「手」を当てることから発展してきた治療らしいです。

 

別のサイトでは、「手当」の効果は精神的なもの、という意見に対し、「では、何故赤ん坊、動物、草木にも効果があるのか?」と。

 

宗教的なサイトも、やはり、ありました~。

 

実は、ウチの娘が、体温が高いだけかもしれませんが、中々気持ちのいい「手」をしていて、人によってはあるのかも~と。

 

軽い症状で様子を見る時や、慢性的な病気の場合は試してみてもいいかもしれませんね。
確かに気持ちは良いし、副作用もありません!

 

治療以前に、外国のようにハグをする習慣、子どもやお年寄りへのボディタッチも大切ですね。
(今朝、どこかの町長のセクハラがTVで取り上げられていましたが、これはダメですね!)

 

ただ、深刻な病気が潜んでいる場合もあるので、具合が悪い時は必ず検査に行きましょうね!