住宅リフォーム

「風と光が通り抜ける家」

Y様邸 全面リフォーム 設計者:青山喜一郎


奥の部屋まで風と光を通したい

熊本市内のマンションの高層階にお住まいのY様は、リビングスペースがご家族4人には狭いこと、奥のお部屋が昼間でも暗く風が通らないことにご不満をお持ちでした。

 

レイアウトを変更しLDを広くしたことと、キッチンスペースをコンパクトにまとめるため、木製のカウンターテーブルが調理スペースと一体となった「カウンターキッチン」としたことで、リビングスペースがゆったりとご利用できるようになりました。

 

更にお部屋の壁をゆるやかなR壁にしたことで広がりが感じられるようになりました。

 

天井と壁には調湿作用のある自然素材の「珪藻土」を使用しました。R壁に細長い木製のガラリと水色の樹脂プレートの明り取りを設けたことで、光と風が奥のお部屋まで通るようになりました。

 

また、ご家族で楽しまれるオーディオ機器用に、お部屋の雰囲気に合わせた木製のシステムラックをデザインしました。

 

奥様も、対面式キッチンでご家族と会話を楽しみながらお料理をされたり、カウンターテーブルでお子様が勉強されたりと、ご家族が自由に集い多目的に利用できるお部屋が完成し、ご満足いただけた全面リフォームとなりました。

 

 

「木の香りに包まれたリラックス空間」

  A様賃貸マンション 全面リフォーム 設計者:青山喜一郎 青山真理子

賃貸のお部屋を自然素材で
熊本市内の閑静な住宅街の、賃貸マンションの1Kのお部屋2戸を、1戸のゆったりとした自然素材を活かした1LDKへと造り変えたリフォームです。

 

レイアウトを大きく変更し、2つの窓のある縦長の広く明るいLDKを配置しました。
他の空間はコンパクトにまとめ、デザインはシンプルに、煉瓦、タイル、ステンドグラスなど素材やディテールにこだわりました。
洗面、浴室、トイレには自然の光が入るようにステンドグラスや明り取り窓を設けました。


床と腰壁にはすべて無垢のヒノキを、お部屋の壁には調湿作用のある自然素材の珪藻土を使用し、木の温もりを感じる無垢の杉材の内窓をサッシ窓の内側に設け、防音効果と断熱性のある二重窓としました。

 

奥のお部屋は狭さを感じさせないよう、天井まである引き戸を壁に収納するとLDKと一続きになり、窓からの風景が広がって見えるような配置にしました。無垢の桐材を使ったクローゼットを壁一面に設け、収納も充分に確保されました。 

 

 

「収納に一工夫のキッチン」

H様邸 ダイニングキッチンリフォーム 設計者:青山喜一郎

 

 

R壁の中の収納スペース

キッチンが奥まった場所にあったことと、収納スペースが分散していたことで、お料理や後片付けがご不便でした。キッチンを通りが見える明るい場所に移動し、収納を調理スペースの近くに集約しました。

 

TOTOの壁付収納や、シンク、ウォールキャビネットは、食器や家電を充分収納できるものを選び、薄いピンクに色を統一し、すっきりとした印象になりました。壁付収納と隣の冷蔵庫との奥行に差があるため、背面にゆるやかなRの壁を設け、自然な広がりのある収納スペースが生まれました。

 

更にダイニングスペースとの間に、収納を兼ねたキッチンカウンターを造り、タイルをアクセントに使いました。

 

また、階段との仕切のドアも設け、耐久性、保温性のある樹脂プレート製品を使用。お部屋の冷暖房効果も改善されました。

 

「2000冊の思い出の本」

M様邸 全面リフォーム 設計者:青山喜一郎

 

たくさんの本をすっきりと収納

マンションの買い替えをご検討されていましたが、弊社のリフォーム見学会にお越し頂き全面リフォームに決められました。

 

リビングや寝室に置かれていた思い出の詰まった2000冊の本を、いつでも手に取れる場所に機能的に収納出来るようにプランニングしました。

 

リビングの壁一面に収納棚を設け、中央にテレビを置き、大きな開き戸と24の引き出し収納に、かなりの冊数の本をすっきりと収納出来るようにしました。

 

また、梁の下のデッドスペースを利用し、強度のあるレールを使った2列のスライド式収納型本棚を設けました。本棚は必要な時には引き出し、使用後には収納することが出来ます。

 

「ステンドグラスのある白いキッチン」

  K様邸 キッチンリフォーム 設計者:青山喜一郎

 

窓のないキッチンに「ステンドグラス」

調理スペースの正面のコンクリート壁に、施主様がご自分で選ばれたステンドグラスを使った装飾用小窓をデザインしました。内部にLEDをつけたことで外から柔らかい光が差し込んでいるように見えます。

 

天井、壁、ドア、食器棚はステンドグラスが引き立つ白で統一し、全体に明るい印象になりました。

 

調理中に手元を照らすため、LEDを埋め込んだ木の棚を小窓の上に、コンロ横の壁にはレシピを見るのに必要なタブレットを置くための棚を取りつけました。

 

調理器は、遠赤外線によってお湯がアルカリ性に変わる「スーパーラジエントヒーター」を選びました。美味しさ、低電磁波、多彩な安全機能、熱効率の良さによる経済性などがおすすめです。

 

床材は、素足への感触が気持ちの良い、オーストラリア産のナチュラルウッドを使用しました。

 

 

弊社施工例を御覧頂きありがとうございました


青山喜一郎
青山商事㈲ 代表取締役 ・ 青山㈱ 代表
2級建築施工管理技士、増改築相談員、木材保存士
ジェルコ(日本住宅リフォーム産業協会)正会員
TOTOリモデルクラブ正会員、トクラスリフォームクラブ正会員
熊本県知事許可(般-23)第13174号(青山㈱)


営業内容
キッチン・バス・トイレ・洗面化粧台・フローリング・ドア・窓・バリアフリー・塗装・全面リフォーム

青山株式会社・青山商事㈲
096-368-5175
熊本市東区佐土原2-7-55

→ 弊社会社概要

→ ページTOPへ