腐朽菌は大地震の家屋倒壊の要因に

大阪市立大学の倒壊住宅の調査

 

阪神大震災で全壊した住宅

◇大阪市立大学の調査によると、阪神大震災で倒壊した住宅の8~9割から「腐朽」や白蟻の被害が発見され、このような「劣化のある住宅」の全壊率は80%でした。一方「劣化のない住宅」では全壊と半壊を合わせても50%でした。

◇「生物劣化」とは「腐朽菌」や「白蟻」等による「生物が原因で木材が劣化すること」で、木造住宅の劣化原因は、1位が「腐朽菌」2位が「白蟻」と言われています。


「木材腐朽菌」とは?

 

◇「木材腐朽菌」はきのこの仲間で、胞子は日本中どこにでも存在しており、木材のセルロース、ヘミセルロース、リグニンなどの成分を栄養にして成長します。

「腐朽菌」によって木材の重量が10%軽くなると強度は40%低下します。

◇空気、温度、水分、栄養の4要素が揃った環境で生育しますが、4つのうち一つの要素でも除けば生育を止められます。

 

木材を劣化させない方法

 

腐朽した浴室

◇「木材腐朽菌」の4つの生育条件のうち「水分」を断てば生育をストップできます。

乾燥させれば木は腐りません。乾燥した環境づくりが大切です。結露、水漏れなどが起きないよう定期的な点検が必要です。

 

 

 

「防腐薬剤」としても認定

 

「エコボロン」は「木材腐朽菌」やカビ菌などの菌類にも有効です。
(社)日本木材保存協会によって「防腐作用」があることも認定されています。
菌がホウ酸塩に触れると細胞壁を通して細胞内に入り、一定量の濃度を超えるとエネルギー代謝が出来なくなり死滅します。

◇「エコボロン」の原材料「ホウ酸塩」は、カナダの研究機関の14年間に渡る野外試験で高い防腐性が確認されています。

▶施工写真&お客様の声

・なぜ、白蟻に有害なのに人には安全?

・外国と日本の防蟻薬剤の違いは?

・白蟻の最初のページに戻る