従業員のマスク着用について

お客様各位

 

平素より、弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウィルスの発生に伴う予防対策として、従業員がマスクを着用させていただく場合がございます。

お客様と従業員の健康と安全を考慮したもので、体調不良によるものではございません。

 

何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

アフガニスタンの中村哲医師と「寅さんだったら何て言う!?」

こんにちは。久しぶりのブログです。

長年、アフガニスタンで復興活動をされてきた中村医師が亡くなられました。広大な荒地を緑地に変え、流域の65万人もの人々の生活を支えてきました。

 

「そこに困っている人たちがいたから…」と200年前の日本の灌漑技術を使い、近代化が進んでいない貧しい地域で、用水路を作り続けたそうです。内戦、干ばつ、戦争で、国土は荒れ果てていましたが、アフガニスタンは元々は美しい農業国でした。(最近では外国資本によって近代化した都市もあるそうです)

アフガニスタンの首都カブール

日本や諸外国にも変化があるようです。あの映画「男はつらいよ」の50作目が、22年ぶりに公開されます。「いま、僕たちは幸せかい?」という問いかけが、この映画のテーマだそうです。

 

「男はつらいよ」を今見ると、当時の暮らしの方が豊かにも見えます。現代はグローバル社会で、弱肉強食!?の世界のようです。

 

米国も、衛星放送が始まった頃、昔の豊かだったイメージとは変わっていて驚きました。ファッション雑誌で見るパリジェンヌも、昔の方がオシャレでした。

 

アメリカのファースト文化? ( ファースト フード、ファースト ファッション) の影響なのでしょうか? 反対に、ヨーロッパでは洋服の値段が高いため、服は少ししか持たず、同じものを毎日着るのも普通のことだそうです。(しかし徐々にアメリカ化が?)

 

テレビや雑誌では、ヨーロッパの暮らしが豊かに見えますが、衣服も家具も、古いけど良いものを長く使っているからでしょうか?(昔の日本も)

 

古いものを大切に使っている国は、街の印象も違って見えます。ファースト社会が長年続き、世界中でものを大量生産している大企業だけが残り、地域の伝統や特色が消えてしまうのは悲しいです。

 

水についても、アフガニスタンのように、水不足で困っている国も多いようです。一方、グローバル企業の水ビジネスというのもあります。昔は当然のように手に入ったものが、お金を払わなければ手に入らないのも、現代社会の特徴のひとつかもしれません。

イギリスでは、ロンドンの地下鉄の乗客が、あまりにも静かで感心しました。紳士の国ですが、世界に先駆けて監視カメラを街じゅうに設置した国でもあり、あまりにお行儀がいいと心配です。

 

また日本では カスハラ(カスタマーハラスメント) という言葉を、テレビやネットで良く目にするようになりました。。立川志らくさんが「こういう時、寅さんだったら何て言うだろう !? と皆で考えれば、いじめなどの問題が解決するかもしれない♪」と言っていましたが、いい考えだなぁと思いました。

 

昔は、文句を言うお客さんに、寅さんみたいな人が「まぁまぁ、その辺でいいじゃぁないか」なんて言うと、今でいうクレーマーさんも「そうだなぁ、これから気をつけてくれよ♪」で話が終わっていたような気がします。

 

陰湿なハラスメントは許されませんが、あまりにも、モラハラ、パワハラ、の次にカスハラと続くと、日本のおもてなし文化はどうなるの?と心配になります。このままオンラインショッピング全盛になるんでしょうか?

 

中村医師のアフガニスタンでの生活の紹介によると、アフガニスタンには「客は神の贈り物」という諺があり、それを美徳とする慣習が古くからあるそうです。

 

昔、中村医師が初めてアフガニスタンを訪れた時のこと、貧しい家庭に滞在し、その家族の食糧も十分でないのに心のこもったもてなしを受けたことで、「昔の日本もそうだった、心の豊かさがあった!!」と感動し、現地の人々や風土が大好きになったそうです。

 

中村医師の死を報じた記事や、その生涯についての記事を読むと、多くの方のコメントのように、何か胸に響くものがあります。

 

それは、中村医師のアフガニスタンへの愛情と、現地の人々の人間性、双方の信頼関係が感じられるせいかもしれません。

 

数ヶ月ぶりに、駆け足で書かせていただきました。今年もあと少しになりましたが、来年はどんな年になるのでしょうか? 日本中から心が温まるようなニュースがたくさん届く、そんな一年になればいいですね!

お身体に気をつけて良い年をお迎えください!
ありがとうございました。

認知症にも効果!? 気温の上昇に注意!高齢者に十分な水分が必要な理由

急に気温が上がった日、身近な高齢者の様子が少しおかしいなと感じたら、水分の摂りかたが足りないだけなのかもしれません。

 

実家の父が生きていた頃、書店で手に取った本が「水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない 竹内孝仁 著」です。

著者は医学博士で、現在は福祉大学の教授。高齢者のケア全般に関わってきた専門家です。

 

ほんの一部、要約させていただきます。

 

人間の体の水分量は加齢により減少し、高齢者では体重の50%程度です。どの年齢でも、ほんの1〜2%の水が欠乏しただけで意識障害がおきます。

 

65歳以上の高齢者の場合、体重50キロでは、体の水分量は25キロ。わずか250〜500ccの水分が不足しただけで意識がおかしくなるそうです。

 

そして、脱水が意識障害を引き起こすことは熱中症を見ても明らかです。

 


○熱中症は家の中でも発症します。

○室温や衣服の調整にも注意が必要です。

○高齢者は、季節の変わり目など、暖房から冷房に切り替えずにエアコンのスイッチを入れることも。

○緑茶やコーヒーなどは利尿作用があるので、麦茶やお白湯を。


著者は「熱中症」を、「脱水と意識障害の関連を示すもの」として例にあげています。

 

そして、気温が高くなくても、熱中症でなくても、高齢者は水分の摂取が足りないだけで意識障害を起こしやすいと書いています。

コップ1〜2杯ほどの水分の不足で、本当に意識がおかしくなるの??と思いますが、体重が少ないほど、高齢になるほど、体内の水分量が少なくなります。

 

そのため、通常よりほんの少し水分が不足しても意識障害が起きやすくなるのでしょう。(例えば、体重35キロの90歳の場合、体内水分量はかなり少ないのではないでしょうか)

 

高齢者が脱水によって軽い意識障害を起こしても、水分が足りていないことに気づかず「突然の認知機能の低下」と勘違いしないように、気をつけなくてはいけません。

 

著者は、高齢者は1日1500ccの水を飲みなさいと言っています。

 

摂取した水分は、ぐるぐると体内を巡り、水にしかできない働きをしているそうです。

 

体を維持するために体外に排出しなければならない水もあり、不要物の浄化、リサイクル、呼気、汗、尿などで、生きているだけで、1日2400〜2800ccの水が体の外に出て行くそうです。

 

一方、エネルギーが燃えることで体内に発生する水が200〜300cc、食事に含まれる水分が700〜1000cc、残り1500ccをお茶や水で摂らなければいけないそうです。

 

高齢になると感覚機能が落ちるため、喉の渇きを感じなくなり、周りが積極的に飲ませる必要があるようです。

 

長年、認知症患者に関わってきた著者は、

「脱水による意識障害が関係する点で、認知症は熱中症とよく似ている」

「特養の患者に水を十分飲ませると、認知症の異常な言動が次々と治まっていった」

「認知症には、根底に水不足がある」と書いています。

 

本書には、十分な水分摂取で認知機能が改善された実例、認知症とは何か? 認知症患者に必要なもの、日本の介護について、なども書かれています。

 

また著者は、ジャーナリストの田原総一郎さんと共著で「認知症は水で治る」という本も出版しています。

GW期間の休業のお知らせ

ゴールデンウィーク休業のお知らせ


誠に勝手ながら、下記の期間中お休みさせていただくこととなりました。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

休業日4月27日(土)〜5月6日(月)   

 

※5月7日(火)より平常通りの営業となります。

ご来店を心よりお待ちしております。

年末年始休業日と新年のご挨拶

年末年始休業日のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社の年末年始休業を下記のとおりとさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

また旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も皆様にとって良い年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

<年末年始休業期間>

平成30年12月29日(土) ~ 平成31年 1月 6日(日)

弊社HPのSSL化によるURL変更のお知らせ&お願い

常時SSL化(https化)に伴うお願い

 

平素より青山商事(有)をご愛顧いただきありがとうございます。

 

2018年11月より、安全にホームページをご利用いただくため、弊社サイトを常時SSL化   ( https化 ) いたしました。

 

変更に伴い、アドレスが以下の通りに変更となりましたのでお知らせいたします。

  旧: http://aoyama-since1947.co.jp
  新: https://aoyama-since1947.co.jp  (トップページURL)

 

なお、旧ホームページURLへアクセスした場合、(当分は) 自動的に新ホームページURLに切り替わる設定のため、ご利用に問題はありませんが、ブックマーク等をされている場合は、新アドレスへの変更をお願いいたします。

 

  砂利販売のページをご覧になる場合は次のURLとなります。

https://aoyama-since1947.co.jp/gravel/

弊社による旧URLホームページ削除後は、新ホームページへの自動切り替えは行われなくなります。

 

今後とも、変わらぬお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。